<< 6 自転車を部屋に入れることのできたビジネスホテル | main | 新年は1月7日より始業いたします >>
2012.10.20 Saturday

7:山の上から〜日焼けに注意〜

0
    自転車での旅は、点と点をむすぶ面が見えてきます。
    路地に入り込めます。
    すぐに止まれます。
    人としゃべれます。

    同じ装備のサイクリストとお会いすると、挨拶を交わします。
    時には情報交換をします。
    困っていると助けてもくれます。

    他方、自分の体が資本でエネルギーなので、体と自転車がバランス悪いといい旅もできません。

    新潟の旅はお天気にも助けられ・・というか、あまりに暑すぎて、首の日焼けをしてしまいました。

    首の前面です。
    これは、コンクリートに反射してかえってくる陽射しが首の前面にあたり過ぎたためだと
    思います。

    手も、顔も、首の後ろも日焼け止めやサングラス、襟付きのシャツなどでカバーしていましたが
    首の前面は、ノーガードでした。

    熱をもち、乾燥し、帰宅して一週間もしないうちに、「脱皮」がはじまり(笑)

    これで懲りたので、
    以来、ネックガード、という筒状の短いマフラーを首にとおし、走ることになりました。

    あと、意外にノーガードが、ふくらはぎ面。
    おひさまはサンサンと当たります。こちらも熱をもつと乾燥し、脱皮がはじまり・・・・。

    もう秋になり陽射しもやわらかくなったので安心ですが、それでも走るときはまだ
    日焼け止めクリームをしっかり塗って走りましょう。

    次は、帰りに宅配で自転車を送ったことについて書きますね。

    写真は、山の棚田を目指して登り切った場所で。








    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM